更新情報


お知らせ

2019年10月1日

拠点を東京の日本橋に移転いたしました。日本橋公会堂などで定期的に測定会や

研修会を開催していく予定ですので、ご興味のある方はご連絡ください。

2020年4月1日

青森大学ソフトウェア情報学部にて講師を務めることになりました。

今後青森大学や七戸駅周辺でのイベントも予定しております。

2020年9月23日

令和2二年10月4日青森県青森市幸畑にある青森大学にて足裏体圧分布測定会を開催します。

高校生以上であればどなたでも参加可能ですので、興味のある方はご参加ください。

以下の参考資料をご参照ください。

20200926_大学祭ポスター.pdf

体運動習性とは?

私達は今生きている。誰も、生きろと命令されたから生きている人はいない。自分で生きたいという「要求」があるから生きている。

でも、身体という固定的なもの用いているから、完全に動的なはずの「要求」が円滑に実現されず、心にも身体にも過度の偏りが生まれ硬直してくる。こうなると、本来動的なはずの要求が円滑に実現されなくなるから自然の反応として否定的な傾向が強まる。

そんなときでも、甘いものを食べたらフッと心が軽くなったり、パァーッと怒鳴ったらスッキリしたり、山に登ると何事もなかったかのように心が動き出す。つまり、どんなに硬直状態に見える身心であってもかならず響く角度がある。だからあるときフッと雨の音が音楽になる。

そして、さらに素晴らしいことにこの角度は多様である。モーツァルトの音楽が心に響く人もいれば,バッハの音楽で奮い立つ人もいる。このような個性はもっぱら芸術家の個人的探求領域であり、公の知識として検証されることもなければ、社会でも十分に生かされてるとはいえない。

科学という宗教が優勢になり、ゆきすぎた二元論が窮屈な社会をますます自然な「要求」達成の難い環境とするなか、人間の本当のあり方を身体性に着目し、なるたけ文化的装飾を排して体系化することで、少しでも固定的視点を緩め、全ての存在が調和する助けになれば幸いである。