設立趣旨

活動概要

体運動習性研究所の活動は,

主に以下から構成されます。


  1. 足裏体圧分布測定会による体運動習性の体系化,研究,成果発表
  2. 愉気,活元運動,行気などを集団で行うことによる身体感覚の研磨
  3. 当サイト,講演会,勉強会をとおした優れた見解の獲得

趣旨


私たちは知らないうちに偏って身体を使っています。

実は身体と心は密接に結びついており,この身体の使い方と

関連した形で心も偏った使い方をしています。

そして,この偏った使い方をしている主体を

認める癖があるのです。


この主体を認めたとき,無限の愛の要求実現回路たる

偏りが固定的なものになるのです。

認められた主体への自己同一化が進んでいくにつれ,

偏りの無意識化が進みます。


例えば,いつも物事の原因を他人のせいにする癖が進んでいくと

無意識にそのような心の使い方をするようになり,

他の角度から物事をとらえることができなくなっていってしまうのです。

そして,そのような心の使い方と関連した身体的偏り

が同時に形成され心も身体も硬直し,疲弊してしまうのです。


この行き過ぎた偏りを身体的にも,心の面からも

緩めることができれば,より調和した形で自己の要求

を実現することができるようになっていきます。

そのためには,その人の響きやすい角度を知ることが

重要です。完全に無意識化したものは意識できませんが,

響きやすい角度から連動した形で無意識化した領域が

すこし柔らかさを取りもどし,自分自身がそれをわかる

わけです。そうなれば,あとは自分自身の調整作用によって

自動で調和がなされます。こうして作り出された無努力の

調和こそが,本当の健康であると考えています

このような健康状態に至るための方便として,愉気,活元運動,

行気法などがあります。


体運動習性研究所は,

私達一人ひとりが自分自身の無意識の自己同一化

に気が付き,「自己の要求がわかる力」を養い

「要求」の方向性に基づき,方向性を活かしきった

人生を生きることができるだけでなく,

社会全体が,お互いが「個」を認め合える環境

となることを願って設立されました。