資料館

ここでは、体運動習性研究所の研究成果を一部公開していく。

当初学術論文による内容公開が最も利益が大きいと考えていたが、

学術論文に要求される「客観性という概念に対する摺合せ」

によって失われる情報こそが実質的利益につながると考えたため、

当ホームページでの公開を優先することにした。


今日の学術論文は査読というシステムによって内容の質を担保しているが弊害もある。

例えば音楽というものを研究しようとすれば、

完全な客観性というものが得られないところに本質があるから、

本質に迫るほどに論文には採録されにくい内容になる。


音楽や絵画がその作家の手法や様式を分析し、

たとえ完璧な再現性を得るパターン化に成功したとして、

実際にはどんなに一致した技法で製作してもピカソやバッハにはならない。

それは手法や技法だけが音楽や絵画を作っているわけではなく、

その再現性や形式を越えた部分こそが音楽であり、絵画を生み出しているからである。


それは常に即興的で共鳴的な、情動の活発な動きによって創出されるものであり、

それこそが音楽であり、創造的な産物であるから、

誰がやっても同じ結果を生み出せると言う再現実証主義では、

音楽が何故人の感受性に訴えかけるかの論究や理解に至ることはなく、

音楽や絵画に辿り着くことは出来ない。


有の有用は無の有用を持ってなすということで、

有るものだけを扱って、有るという用を生み出すことは出来ないのである。

見えるものだけ、測れるものだけの能力や生産力だけでは、

見つけられないその奥にある「無」の有用性を見出せなければ、

すべての生命に基づく創造性の何たるかに近づくことは出来ない。

実証科学の限界がそこにあり、

現代社会が抱えている問題の元凶である固定的二元論を示唆している。


かといっていかなる形式を欠いた物事を伝達することは普通にはできない。

だから、客観性を欠いて良いといっているわけではない。

客観性というものが客観性のための客観性になったとき、

それは極度に固定的視点として自分自身を縛り付ける

縄にしかなりえないということだ。


体運動習性研究所では、

この「有」と「無」の中庸、「動」と「静」の間を目指しているといえる。