資料館

音楽とは何か?それは我々が生きることそのものである

我々自身が、内的要求の現象化であり

この現象化のプロセスを擬似的に体験すること

それが音楽であるからだ。


しかし大事なのは、その方向性というものが

人によって異なることであり、

それを明らかにすることが我々が目指しているところでもある。

この内的要求たる「偏り」を知ることは

「自分自身」を知ることなのである。


この偏りの現象化には様々なレベルが有るが、

ここでは無為動作に伴う足裏体圧分布に注目している。

それ以前の現象化では微細すぎると考えるためである。